2022年11月の運用実績

金策

米国cpiの結果が予想を下回り結果として株にとって追い風の状況となりました。
それにより来年末に利下げが実施される可能性も高まりました。
一年半程先読みされる株価にとっては反発するタイミングなのかもしません。

こんばんわ「くえばす」です。
今月の運用実績となります。

2022年 11月 20日(日曜日)

日本株

インフレ率の鈍化と共に上昇している予感。

配当金

購入した株

コード番号銘柄名株数
1808長谷工コーポレーション100


増配に伴い大きく増えました。


年間配当金 492,568円 → 528,718円(+36,150 円)

貰った配当金合計

貰った配当金合計(税引き前)
317,469円

今年確定させた利益
国内株式現物 +38,644円
投資信託 +473,951円 合計 +512,595円

単元未満株

特に変化なし。
引き続きポイント投資を継続します。

投資信託

SBI・バンガード・S&P500 (100%)

今月もs&p500の毎日積み立ての500円(月11,500円)
こちらもcpi予想を下回り上昇中。

iDeCo

徐々に上昇中。

3,022,644 円  → 3,111,027 円 (+88,383円 )

保有資産合計

株式現物10,117,670円
投資信託219,634円
SBIハイブリット預金 83,871円
株式+投資信託+預金10,421,175円
iDeCo3,111,027円
保有資産合計13,532,202円
先月比+597,794円

最後に

10月の商社物価指数(CPI)先月の8.2%から7.7%。
コア指数も6.6%から6.3%と鈍化しました。
今後の動きにも注目していきたいと感じます。

私事で恐縮ですが嫁子供とコロナに感染しました。
皆様も体調にはお気を付けください。

以上


前回の記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました